ユカリの雑記帳

ジャンプの感想をメインに書いてます

アリスと太陽12話、終わりの雰囲気が流れてきて悲しすぎる(週刊少年ジャンプ感想/2018年43号③)

 アリスと太陽

 

そ、そんな……。終わるのか……。

 

先週この展開良いなとか言ってたらそのまま終わりに一直線とか……。や、やめてくれ。

 

本編すごく面白いんだよな。あの短い回想で、アリスが救われたんだってしっかりわかる。

 

苦しいときに、同じように苦しみを抱えながらも頑張っている人がいることが励みになるのはすごく良くわかる。アリスは本当に救われたんだろう。

 

そして救われたからこそ、恩を返したいからこそ、自分が邪魔になっちゃいけない。その気持ちは痛いほどわかるし、合理的だ。

 

 

でも多分、太陽は音楽が好きだけど、世界に認められたいとは思ってないんだよな。何のために音楽をしてるか問われてたけど、彼は音楽が好きだから音楽をやってるだけだと思うし。

 

だからこそ、太陽はプロになって音楽をするよりも、世界に認められるよりも、アリスと音楽を続けることを望むんじゃなかろうか。このあたり、二人に意識の差があるのが面白い。

 

頼むから続いてくれって感じだけど、終わるとしたら美しく終わりそう。終わってほしくないけれど、なんにせよ続きが楽しみ。

 

 

ドクターストーン

 

バトル漫画じゃないのに普通にバトルものとして面白いのがビビる。

 

まず戦車の砲撃や突撃が絵面として映える。そのうえで、出てくるキャラクター全員が全力を尽くしていることがわかるのが良い。

 

新聞記者の子が司に報告に走ったりとか、音響兵器を食らったあとに即座に音響兵器を壊しに行っったりとか、敵側がすごく合理的に動いている。

 

主人公陣営も良くて、罠を踏み潰せるほどの戦車や、相手を殺さず無力化できる音響兵器を使ったりなど、しっかりと準備しているのがわかる。

 

それから、音響兵器が壊れた後の大樹の咄嗟の機転。あれもよかった。

 

音爆弾が壊された後のセリフの無い怒涛の展開はすごく緊迫感がある。そのおかげで、勝利した瞬間にほっとするし、主人公陣営にすごく共感できるようになってる。これは上手い。

 

ほんとジャンルが違うことをやってもここまで面白くかけるのは積み重ねた実力って感じ。やはりドクターストーンは少年漫画のお手本だと改めて思った。

 

 

思春期ルネサンス! ダビデ

 

下ネタに全力投球してることはともかくとして、普通に良いギャグ漫画。

 

何よりも良いのは登場人物にクソみたいな奴が出てこないこと。

 

あの小便小僧とかちょっと扱いを間違えると大変なことになりそうなキャラクターなのに、良い親友ポジにおいてることで魅力的なキャラクターになってるからな。クラスメイトからの彼の扱いも、好かれてるんだなと分ってよい。

 

ヴィーナスさんも自分の前で全裸になった男の子に対して気さくに接するあたり天使だし、小便かけられた時にタオルを持ってくるほどの聖人だ。これは確かに好きになると納得できる。

 

ギャグ漫画として大切な、キャラクターの好感度をしっかり稼いでいく姿勢は本当に良い。